オイル交換をサボるとどうなる?

愛車に乗っていて汚れたら、洗車をしたり、WAX・コーティング剤を塗ったりと、車の外観には気を配ると思います。
現在、車の調子が良いからと内部のお手入れを怠っていませんか。車の心臓部であるエンジンを、正しく動かすために忘れてはならないのが、エンジンオイルの働きです。エンジンの中を循環し、各部品に油膜を形成して金属が摩耗するのを防いだり、エンジンの燃焼による熱を冷却します。又、金属である部品が錆びるのを防ぐ働きもあります。こうして冷静に見てみるとその役割の大きさに改めて気が付きます。もし、交換を怠ると、どんな症状が出てくるのでしょうか。
意外と自分では分からないのが、燃費の悪化です。そして、車の音に注意してみると、今までしなかったエンジンノイズがするようになります。誰が聴いても調子が悪そうな異音です。もっと症状が進むと、オーバーヒートを起こしてしまいます。こうなると、エンジンにはかなりのダメージです。一度ダメージを負ったエンジンは、2度と復活することはありません。こうなる前に、自分の車のタイプや走行距離などを目安に、適切な時期に交換することがとても大切になってきます。まめに点検しメンテナンスすることが、愛車を安全に長持ちさせることに繋がります。

コメント

コメントを受け付けておりません。