定期交換が重要な理由

愛車をできるだけ長持ちさせる為には、エンジンオイルの定期交換がとても重要になってきます。エンジンオイルは、エンジンの中を循環しています。様々な金属部品に油膜を作り、摩耗・接触するのを防いでくれます。又、金属同士の接触面、エンジンを動かすことによって生じる熱を冷却します。その他、隅々にまで循環して錆びるのを防いだり、エンジン内部に蓄積するスラッジを防いでくれたりします。こうして見てくると、とても重要な働きをしているのが分かります。
これだけの大仕事をしてくれる縁の下の力持ちです。負担が大きい分内部の汚れは相当で、そのままにして交換しないと大変な事になります。一度でも火を入れたエンジンオイルは、酸化がはじっまています。揚げ物油を頭に浮かべれば納得できると思います。ダメージは、燃費性能が落ちたり、エンジンから異音がするようになったりとあちこちに現れます。
最も深刻なものは、オーバーヒートしてしまうことです。一度ダメージを受けたエンジンは二度と復活することはありません。そうならないために、5000km毎、あるいは半年毎と自分の車のタイプとも良く相談しながら、自分なりのルールを作って交換することが必要です。

コメント

コメントを受け付けておりません。