エンジンオイルの役割まとめ

エンジンオイルには様々な役割があります。このオイルは自動車を長く乗るためにもメンテナンスを常に行う必要があります。
その役割はエンジン内部はピストンが上下運動を行います。空気を圧縮しガソリンとともに点火、爆発します。そして排気というサイクルを繰り返し行います。
そのためピストンとシリンダーは常に摩擦が発生します。この摩擦を抑える潤滑油としての役割があります。オイルがなければすぐにエンジンは焼きついてしまうのです。
摩擦と爆発によってエンジン内部は非常に高温となります。オイルはエンジン内部は循環することで、冷やす役目も行っています。
またエンジン内部はガソリンや空気の不純物などで汚れができます。そのままにしておくとデポジットとよばれ、黒くこびりついてしまうのですがそれらを取り除く役目もあります。
エンジンを快適に維持するためにもメンテナンスが必要です。オイルは徐々に汚れてきますし酸化します、あまり走行しないからとってそのまま使用していてもよくありません。
定期的に5000キロまたは半年といった期間で交換することです。
交換の際、オイルにはグレードや粘度の違いがあるので、車種にあったオイルを選択する必要があります。
特にエコカーや高性能なエンジンの車の場合はグレードや粘度に注意して交換を行います。

コメント

コメントを受け付けておりません。