潤滑作用の仕組み

エンジンというのは、車にとってはまさに心臓部に当たります。
そのたとえで申しますと、エンジンにとっての血液はオイルです。
人間にとって血液が健康であることが大切なのと同様、エンジンオイルも良好な状態でなければ快適に車を走らせることができません。
エンジンオイルの定期的な交換によって、安全運転にもつながっていくのです。
エンジンというのは、それぞれの部品が回転したり往復したりしながらパワーを出しています。
もしエンジンオイルがなかったら、金属の部品同士が直接ぶつかることになり、その摩擦によってエンジンが円滑に動かないだけでなく、故障してしまう事態にもなりかねません。
つまり、エンジンオイルは、金属同士が直接接触しないように、オイルが潤滑油の役割を果たしているのです。
ほかにも、エンジンオイルには、冷却、気密保持、清浄分散、防錆防食などといった重要な機能を果たしています。
エンジンオイルがこのように働いていますので、劣化したり減少していくことは避けられません。
定期的なオイル交換は、エンジンをベストな状態に維持するために必要なのです。
自分の車に合ったエンジンオイルを使うことで、エンジンを保護したり、燃費などの性能維持がやりやすくなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。